ZWS150BP-24 AC-DCスイッチング方式コンバーターの必要性

TDK-Lambda・ラムダZWS150BP-24は、私達の日常生活において縁の下の力持ち的存在です。

ひょっとしたら
あなたは、まだ、TDK-Lambda・ラムダZWS150BP-24の存在を知らないのではないでしょうか。

TDK-Lambda・ラムダZWS150BP-24は、AC-DCスイッチング方式コンバーターです。

AC-DCスイッチング方式コンバーターの必要性

あなたは、AC-DCスイッチング方式コンバーターの必要性自体気付かれていないでしょう。

ACは交流という意味であり、DCは直流です。

それぞれにメリットデメリットが存在しているから、フレキシィブルにZWS150BP-24での変換作業が行われ、まさにTDK-Lambda・ラムダZWS150BP-24AC-DCスイッチング方式コンバーターは、私達の暮らしにはなくてはならない存在なのです。

交流のメリットは、変圧が容易であることをあげることができます。発電所から送電された高電圧の電気は、みなさんの日常生活で簡単に使用することができる、適切な電圧に簡単に調整することができます。

交流の存在があるからこそ、電気設備のコストを最小限に留めることができるでしょう。

また交流は、事故時の遮断を行いやすいこともメリットとしてあげることができます。

交流の性質は、 プラスとマイナスを交互に繰り返しているゆえ、電圧と電流がゼロになる瞬間を見付けることができます。

そのタイミングさえしっかりキャッチすることができれば、電圧と電流がゼロになる瞬間は、最小限に留めることができます。

交流のデメリット

しかし同時に交流にあるデメリットについても考える必要があります。

例えば電圧の目標値を確保するため、 より高電圧に耐えられる絶縁性能が必要とされます。

交流では、100Vの電圧の確保するためには、 約141Vの電圧にまで対応させることができる絶縁性能まで要求されることになります。

また、電圧と電流がゼロになる瞬間が存在しているということは、発生しない電力をカバーするため、より高い電圧をかける必要があります。

直流のメリットは?

では、直流に対しては、どのようなメリットデメリットが存在しているのでしょうか。

直流は、送電線の構成が単純構造なので、設計に対しての負担を減らすことができます。

簡単に言ってしまえば、プラスとマイナスの電線を2本用意すれば、電源は送信出来てしまうのです。

そして、消費電力に対しての有効電力の割合の力率を敢えて考える必要がないのも、直流です。

ですから、同じケーブルでも、大きな電気を扱うことができます。