ZWS150BP-24 AC-DCコンバーターを提供している企業

ZWS150BP-24を提供している企業、それがTDK-Lambda・ラムダです。

基板単体型AC-DCスイッチング電源、それがZWS150BP-24です。

AC-DC電源とは

ZWS150BP-24についてもっと理解を深めるため、もっと基礎についいてお話しした方がいいという人たちも多くいらっしゃることでしょう。

電源自体とても身近な存在ですが、あまりにも当たり前すぎて、電源について何も知らないという人たちも多くいます。

AC-DC電源って何……なんて、今更人には聞けない質問なのかもしれないですよね。

AC-DC電源とは

AC-DC電源は、例えば、携帯端末の充電用アダプタなど、AC電圧・【交流電圧】からDC電圧・【直流電圧】に変換するもののことを言います。

では、なんでいちいち変換しなければならないかということですが。それを疑問と思っている人たちが多いでしょう。

そもそも一般的家庭やオフィスには交流の電源が供給されているのです。しかし、電気製品に組み込まれているほとんどの電子回路は5Vや12VといったDC電圧で動作しています。ですから、AC-DCの変換が余儀なくされる訳です。

TDK-Lambda・ラムダという企業は、電気製品になくてはならないものを創造し続けている企業なのです。

なぜACで送電されるのか?

でも、最初からDCであれば何も問題は起こらないと考える人たちもいるでしょう。実際にそのようなことが実現すれば、もっと利便性は高くなるでしょう。

しかし、DCで電力を供給できない事情というものが存在しています。

発電所で作られる電気は、都市部などエリアに送電されることになりますが、「通電」で損失します。そのリスクを補うため、高電圧(数万~数十万Vなど)で送電することになります。しかし電圧が相当高いから、そのままでは利用することができず、変圧(降圧)しなければならない作業があります。

この変圧(降圧)は、DCよりACの方が圧倒的簡単に行うことができるから、AC送電で行われているのです。

AC-DCの変換方法

そして、AC-DCの変換方法ですが。AC電圧からDC電圧に変換する主な方法は「トランス方式」と「スイッチング方式」の方法が現在採用されています。

最近では、携帯端末の普及から小型化・軽量化が求められるようになりました。

また、省エネ・高効率意識の高まりもあって、多くの電気製品の電源がスイッチング方式を採用する傾向が高まって来ています。

TDK-Lambda・ラムダが提供するZWS150BP-24は、スイッチング方式の電源です。