TDK-Lambda・ラムダZWS150BP-24 AC-DCスイッチング電源のコンバーター

TDK-Lambda・ラムダ は、ZWS150BP-24
など製造している企業です。

ZWS150BP-24は、AC-DCスイッチング電源のコンバーターです。みなさん日常生活で、もっと身近に存在なのですが、ZWS150BP-24の役割が何かまだわからないという方々もいらっしゃるのではないでしょうか。

AC-DCスイッチング方式のニーズ

AC-DCという方式は、ACからDCに変換する機器です。とはいうものの、AC DCという存在以前、なんで、AC-DCに変換しなければならないのでしょうか。

最初からDCなら何も問題は起こらないですし、このような機器の存在意味もなくなるはずです。

実際に、電源を、DCで供給することができれば、もっと世の中は便利になるはずです。

DCでは供給することができない事情

しかし電源は、DCでは供給することができない事情があります。

なぜなら発電所で電気は作られて都市部への消費地へと送電されることになりますが、通電によって起こるおおきな損失をできるだけおさえるため高電圧(数万~数十万Vなど)で送電することになります。

しかし、電圧が高いから、そのまま私達が使用することができません。

そこで変圧しなければならない作業が必要となります。

この変圧を簡単に行うことができるのは、ACなのです。

しかしDCにもメリットがない訳ではありません。DCは、 AC送電と比較して、最大電圧値が低い、無効電力が発生しないというメリットをもっています。

AC-DCの変換方法

AC-DCの変換方法には、トランス方式と、TDK-Lambda・ラムダのZWS150BP-24のスイッチング方式があります。

トランス方式にもメリットあります。トランス方式では、回路が簡単ですし、非常にリーズナブルです。

ですから、 小型の充電アダプタやら、 オーディオ機器電源にもいろいろ採用されて来ました。

しかし、最近では、携帯の普及という事態もあり、より小型化のコンバーターが求められるようになって来ました。

省エネ・高効率要求、様々なリクエストに答えてくれる存在、それがスイッチング方式なのです。

TDK-Lambda・ラムダZWS150BP-24

TDK-Lambda・ラムダZWS150BP-24は、スイッチング方式のAC-DCコンバーターです。

ZWS150BP-24は、それまでそれ程日の目を見ることがない存在だったのかもしれません。しかし、最近では、家電製品をはじめ多くの電気製品で高効率、低待機電力などが求められる時代となって、 その重要性が見直されてきています。