ウブロ・HUBLOTという時計メーカーは、ニッチの世界の中で、常識を覆す戦略をとって来ました。常識を覆す戦略とは、金属製の本体にラバーバンドであり、イエローゴールドの本体にラバーバンドの組み合わせという発想です。 <h2>ウブロ・HUBLOTという時計の個性</h2> 現在では、ウブロ・HUBLOTという時計の個性は、世界の人たちが認めていることでしょう。しかし、果たしてその個性とはなんなのでしょうか。これから購入する人たちが、一番気になる部分ではないでしょうか。 そこにウブロ・HUBLOTという時計メーカーの人気は存在しているものの、その人気の理由がなんなのかわからないという声を多く聞きます。 ウブロの時計は、イエローゴールドの本体にラバーバンドという常識を覆すものであり、ケース本体のデザインも、時計界のピカソと言われるジェラルド・ジェンタ氏のものを意識したかのような、大変、個性をしっかりアピールしたものです。 ウブロ・HUBLOTの時計は、まずイタリアが受けとめたと言われていますが、それでも世界的には、極々異端に時計と言うことが出来るでしょう。 異端な時計、それは、ニッチな道を突き進むウブロ・HUBLOTの時計にとって必要不可欠な条件だったのかもしれません。 しかし、「異端」な、「ニッチ」な時計も、世界の人たちに支持される時計となることで、多くの人たちがそれをイメージしない、まさに一番メジャーな魅力を放つ時計と感じることでしょう。 <h2>ビックバンの誕生</h2> ウブロ・HUBLOTの時計が、メジャーな魅力を発揮するようになったのは、2004年、ジャン・クロード・ビバー氏がウブロのCEOに就任したあたりと言います。 彼は、ウブロ・HUBLOTという時計に対して一体どのような仕掛けを行ったというのでしょうか。 それが、ビッグバンの誕生ということになります。2005年に誕生したのが「ビッグバン」であり、そこにはステンレスやゴールドという伝統的な素材プラスα、セラミックやタンタルなど、これまではウォッチ業界で一般的でなかった素材、両方あわせ持つ時計です。 まさにこのフュージョンのあり方が、未来的時計のあり方と言っていいでしょう。 <h2>マジックゴールド</h2> 現在、ウブロ・HUBLOTのホームページでは、13種類の素材の紹介を見ることが出来ます。その中でも、「マジックゴールド」はウブロが新しく特許を取得した新素材です。 それは、純金とセラミックを融合させた一般的な18金ゴールドと比較して、傷がつかない超硬質ゴールドです。 ウブロ・HUBLOTという時計は、「フュージョン」が進化し続けている時計ともいうことが出来ます。